アメリカにお住いの日本人の方々の健康管理をお手伝い

倉岡クリニックからのお知らせ



1月13日午前0時(日本時間)以降に日本に入国する全ての方に、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査の検査証明の提出が必要と、外務省より発表されました。
当院の検査(鼻咽頭ぬぐい液による核酸増幅検査LAMP法)は、30分で結果が出るため、その日のうちに証明書の発行が可能です。 


予約には、以下の書類が必要です。(1.2.の書類は ここ から各オフィス所定の用紙をダウンロードしてください)
1. 患者様登録用紙 (全てローマ字でご記入下さい) *初診の方のみ 
2. 問診票 (お名前のみローマ字、あとは日本語でご記入下さい) *初診の方のみ
3. 保険証表裏のコピー (海外旅行保険対象外) *初診の方のみ
4. 検査証明書 以下からダウンロードをして、患者様情報をご記入の上ご持参ください。
    所定のフォーマット(Word) ➡️


*完全予約制となっておりますので、まずはお電話もしくはEmailでご連絡ください。


*注意事項*
• 予約時間の5分前までにご来院ください。
• 駐車場に到着しましたら、お車から各オフィスの電話番号までご連絡ください。
• 検査は駐車場で行いますので、準備が整いましたらスタッフが伺います。
• マスクの着用をお願いいたします。
• コロナ検査は外での検査となります。トイレの利用はご遠慮していただいておりますので、ご来院前に必ず済ませてお越しください。




インフルエンザの予防接種を入荷しました。完全予約制ですので、必ずお電話でご予約お願いします。




新型コロナウイルスの検査が可能です。
当院における新型コロナウィルス感染症への対応について 【クリックして詳細をお読みください】




Stay-at-Home中にお子さんをお持ちのご家庭へのお役立ち情報 【クリックして詳細をお読みください】



.

Welcome!

倉岡クリニックは、一般内科と小児科の診察と治療、人間ドックや小児科健診、婦人科検診、禁煙外来、ペイン・クリニック、カウンセリングを、日本語と英語で行う最先端医療サービスです。現在ジョージア州とオハイオ州、テキサス州にクリニックがあり、アメリカにお住いの日本人の皆様の健康管理をお手伝いしております。




この秋インフルエンザの予防接種は
必ずうけましょう

コロナウィルスとインフルエンザ、両方に同時に感染する可能性があります。インフルエンザの予防接種は早めに必ず受けましょう。
(要予約) <詳しくはこちら>

テキサス州とジョージア州で
精神科・心療内科医と提携

ニューヨーク在住の精神科/心療内科専門の松木隆志先生によるテレビ診察(遠隔診察)が可能になりました。
<ジョージア州の詳細> <テキサス州の詳細>

Stay-at-Home中にお子さんをお持ちの
ご家庭へのお役立ち情報

パンデミックによって、子どもを取り巻く生活環境が大きく変わり、生活の乱れや学習の遅れなど心配なことばかりです。
<便利な情報を見る>

ミルクピールを始めました
ビタミンC点滴も行っています

お手軽簡単治療でツルツル艶肌を手に入れる、ミルクピールを始めました。そして、ビタミンCを皮膚に到着させるには断然点滴が効果的です。まずは、ご予約を。
<詳細>

胃に炎症を起こす"ピロリ菌"
まずは検査をしましょう

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人の多くがピロリ菌に感染しており、潰瘍発症の大きな原因と考えられています。検査をして、陽性の場合はしっかりと除菌をしましょう。
<詳細>

"尿酸値"、気になりますか?
尿酸は体内でできる老廃物の一つです

血液中の尿酸の濃度が高い状態が続くと、体内に尿酸の結晶が蓄積して痛風を起こしたり、生活習慣病を悪化させたりします。検査をして正しい治療を受けましょう。
<詳細>

止めたいのに止められない方
禁煙外来で、禁煙を始めましょう

タバコが健康に悪いのはわかっているし、家族からも禁煙を勧められている。吸える場所も少なくなり肩身が狭いのにやめられない。そんな方の禁煙治療を行っています。
<詳細>

毎年人間ドックを受けて、
生活習慣病の予防をしましょう

生活習慣病は症状が現れたときには、すでにかなり進行している場合が多いのです。人間ドックは、生活習慣病の早期発見(2次予防)に役立ちます。自覚症状がない時期に、異常を発見して、治療をすることが何よりも効果的です。
<詳細>

腰痛等で悩んでいませんか?
"痛み"の専門治療も行います

ぎっくり腰、五十肩、首の痛み、慢性腰痛、関節痛、ゴルフ・テニス肘、その他痛みでお悩みの方は、一度ご相談ください。 倉岡クリニック内にての治療が可能です。
<詳細>