ペイン・クリニック

ペインとは、日本語で「痛み」のことで、主に「痛み」を専門に扱う科のことです。 「痛みの外来」などと呼ばれることもあります。治療は、「神経ブロック」を始めとする『手術以外の方法』で、痛みの治療をします。

「神経ブロック」とは、痛みの原因の神経に局所麻酔薬と、少量の抗炎症剤やホルモン剤(炎症や腫れをひかせる薬) などを注射する方法です。この注射により、痛みを感じている場所の血液の循環が良くなり、その場所の筋肉の緊張がゆるみます。筋肉の緊張が緩むと、その場所にたまっている痛みの原因物質(発痛物質)が、血液の循環で流され腫れ(はれ)がひきます。 1回の薬の効果時間は 短い(せいぜい数時間)のに、次第に痛みは軽くなり、すっかり治ってしまうケースも珍しくありません。


当ペインクリニックの患者さんによる体験談 <読む>



主な適応疾患
  • 帯状疱疹(ヘルペス)による痛み、帯状疱疹後神経痛(助間神経痛など)
  • 頭痛(片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛、その他の頭痛)
  • 後頚部から肩、手にかけての痛み(外傷性頚部症候群、頚椎症、頚椎骨軟骨症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、肩甲助骨症候群、肩こりなど)
  • 肩関節の痛み(四十肩、五十肩、腱板断裂)
  • 肘関節の痛み(テニス肘、野球肘)、腱鞘炎、手根管症候群
  • 腰から下肢の痛み(いわゆる腰痛症、ぎっくり腰、腰椎椎間関節症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、腰の手術後に再発する痛みなど)
  • 各種疾患による股関節、膝関節の痛み
  • 手術創の痛み、不快感(瘢痕性痛症候群)
  • 手足の切断後の痛み(断端痛、幻肢痛)
  • 複合性局所痛症候群(カウザルギー)、求心路遮断性痛、肩手症候群(脳卒中後の痛み)、視床痛
  • 閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓性血管炎(バージャー病)、レイノー症候群
  • その他(関節リウマチ、膠原病、痛風、糖尿病、悪性腫瘍などによる痛み)


『痛み』でお悩みの方は、今すぐご相談ください。